Mocky ご来店

家具、木工場では端材(大きな木材から家具製作のために材料採りした後に残る小さな木片)が大量に出ます。

中にはウォールナットやブラックチェリー、メープルなどのいわゆる高級木材も含まれていて、

端材だからといってポイっと捨ててしまうのはもったいない話です。

 

小さいとはいえ家具になるまでに何百年もかけて育ってきた木ですから。

 

適当な大きさの端材を四角柱に研磨して、穿孔機で中途半端な穴を2つ開け、その下に横に溝を切ると人の顔に見えます。

 

その名も「Mocky」(モッキー)、団体さんでご来店です(^^)/

 

材料の木材には着色していませんので、その木が本来持っている肌の色です。

 

こうしてみると背の高い人、低い人、色黒な人、色白な人、楽天家、気難しい人、笑ってる人、ぼぉーっとしてる人など、

意外と表情豊かで楽しくなってきませんか?

 

 

木も、人も、自然物という意味では同じですね。

 

材料は問わず、単純に大きさで

(小)324円   (中)432円   (大)540円 いずれも税込です。

 

 

ちょっと変わったデザインのチェストの上に展示しています。

 

このような家具を作った後の端材から生まれたのが今回ご紹介の「Mocky」たちです。

引出し前板の材料は上からブラックチェリー、ウォールナット、メープル、ホワイトオーク、ビーチです。

 

さあ、個々のMockyの樹種は何か、分かりますか?

 

お友達やご家族に似てる人はいませんかね?

探しに来られてみてはいかがでしょうか?

お待ちしておりますm(__)m