第七回 掛軸展

毎年2月に開催している「掛軸展」。

 

最初はこんなに続くイベントになるとは思いもよらなかったのですが、

毎年喜んでいただけるお客様が大変多く、おかげさまで七回目を迎えることができました。

 

これもひとえにご愛顧いただいているお客様のお陰です。この場をお借りして心より御礼申し上げます。

 

さて、平成最後の掛軸展、和の心と出会う三日間は平成31年2月16日(土)17日(日)18日(月)です!

 

 

 

掛軸は日本の誇り高い文化の一つです。

元来は仏教の礼拝用に用いられたものですが、現代では美術品的な要素が強く、

掛ける人(所有する人)の人生観や世界観を表現したり、心の拠りどころとしたり、お客様のおもてなしとして飾られています。

 

季節を考慮しながら床の間に掛けていただくのがもちろんベストなのですが、

当店ではリビングでもお楽しみいただけるように、お気に召した一幅がございましたら額装も承っています。

 

でも本音を言いますと、掛軸のままリビング(洋間)に掛けていただきたいです。

超絶かっこいいです^^;

 

当店の掛軸展では300幅以上の作品がご覧いただけます。

 

コピーは一切ございません。ほぼ全て美術年鑑に掲載されている先生方の作品で直筆です。

それから物故作家さんの作品もございません。

プレミアムがつくものも多く、真贋の目も必要になってきて素人ではなかなかその判断が難しくなってしまうからです。

 

「掛軸」というとなんだか難しそうですが、要はすごくシンプルに、

「この画を見ていると何故か心休まる」「優しい気持ちになる」「元気が出る」「夢や希望が湧いてくる」といったような感覚を大切にしてご覧いただくと、
お一人お一人の心に響く一幅にきっと出会っていただけると思うのです。

 

皆様が作品に評価されることはありません。

皆様がお一人お一人の感性で、作品を堂々と評価していただきたいと思います。

 

最後に、昨年第六回の当店3階特設会場の様子を写真でご紹介させていただきます。

 

 

「掛軸なんて興味ないよ」というお客様も多いと思いますが、

そんなお客様には特に、一度ご覧いただきたいと思っています。

 

たぶん、新しい世界が待っていると思いますよ(^^)

 

スタッフ一同、ご来店を心よりお待ちしております。