100% MADE IN ITARY

イタリアと言えば皆様ご存知の通り、ファッションや音楽、自動車デザインなどで世界をリードする文化大国です。

インテリアの世界でも同様で、特にソファの秀逸なデザイン、優れた生産技術は、

情報発信基地としての役割を担っている国でもあります。

カッシーナやB&B、ナツッジなどといったイタリアのメーカー名は、

お聞きになったことのあるお客様もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

今夏は南イタリアのソファ産業の中心地、アルタムーラに本社を置く「PIQUATTRO」社のソファを特集して展示しています。

 

PIQUATTRO社は会社の規模は決して大きくありませんが、自社で100%生産を管理する品質重視の姿勢と、

ユーザーの要求に誠実かつフレキシブルに対応してくれるクラフトマンシップに溢れたメーカーです。

イタリアのソファメーカーとしては3番目にISO9001を取得しています。

 

PIQUATTRO社のこだわりの一つが革の品質テストを自社で行っている点です。

小さくカットした革をドライの状態とウェットの状態、それぞれ環境下におき、

マシンにセットして、何百回と摩擦を加えて、色落ちやハゲ状態をテストします。

革の仕入先のデータが本当に正しいかどうかを必ず確認して、

そのデータにはリファレンスNo.が付けられ何年も保管をします。

その革を使用したソファには同じリファレンスNo.が付けられたラベルが添付され品質を保証することになります。

▲革のサイズを測定するマシン

▲ドライ&ウェットで耐摩擦力をテスト

▲リファレンスNo.ラベル

 

また南イタリアではソファのクッション材としてウェビングベルトを使用するのが一般的ですが、

PIQUATTRO社では座り心地と耐久性UPのために、

ウェビングベルトとポケットコイルを併用しているのもこだわりの一つです。

 

▲イタリアならではの洗練されたデザイン

▲ポケットコイルの接着

▲ウェビングベルトの取付け

▲ヘタリにくい高品質ウレタンを使用

▲ヘタリにくい高品質ウレタンを使用

▲丁寧な縫製

 

そして何と言っても鮮やかな発色と柔らかい感触、抜群の耐久性を誇るイタリアンレザーは世界中の人々から愛されています。

 

 

今回の特集ではPIQUATTRO社のレザーコレクション、3つのカテゴリーの革を各モデルに自由にお選びいただき張ることができます。

 
革ランク カテゴリー 特 徴 厚 み
100 DERBY 自然なしぼと柔らかい風合い。 0.9~1.1mm
200 TOLEDO ボリューミーでしぼが大きい。ソフトで耐久性に優れ取扱いが容易。 1.4~1.6mm
400 PEGASO & CAPLI より厳選した良質な比較で非常に柔らかい手触り。天然のしぼ、傷などがある。 1.4~1.6mm

 

それでは展示モデル 4タイプのご紹介です。

 

▼ボタン留めを施したチェスターフィールドタイプ。

イタリアソファのトレンドでもあるネオクラシックデザインのアンドレア。

 

▼肘部をスマートに立ち上げ、そこからボリュームを持たせて折り返した個性的なモダンスタイル。

大きな革を贅沢に使った逸品、アシッシ。

 

▼エレガントなシルエットが特徴のサラウッド。ストロークのある掛け心地で座る人の体型を選びません。

 

▼ベーシックなデザインこそ高い革質が際立ちます。お掃除ロボット対応の日本モデル、マルチア。

ということでいかがでしたでしょうか?

 

本場、イタリアンソファの掛け心地をお試しに来られませんか?

エントランス左側の特設会場でお待ちしております。