硬軟の対比が秀逸です。

人気のセラミック素材を天板に使用したダイニングセットを展示しました!

セラミックは粘土や珪石などの天然素材を高温で焼き上げたもの。

 

高級感があり、熱やキズにも強いので、最近システムキッチンのカウンター上に多用されています。

 

そこで、キッチン周辺の家具としてのダイニングテーブルには、

セラミックの風合いがピッタリくるお客様も多いのではないでしょうか?

 

 

 

先ほども書いた通り、もともと天然素材ということもあって、

見た目は木材とは全く異なりますが、

人工的な冷たさだけ、という感覚とはまた一味違った雰囲気を持っていますよね。

 

お色は溶岩石のようなダイナミックな表情の「ストームグレイ」と、

磨き上げた大理石を思わせる「ホワイトクォーツ」の2色をご用意しています。

(展示はホワイトクォーツ)

 

天板の構造も独特で、

セラミックを強化ガラスに接着することによって、

薄くてシャープなシルエットを実現しています。

 

また温かみのあるハンマートーン塗装を施したスチール脚は幕板を船底型に成形して、

全体をより引き締まった印象に仕立てています。

 

 

そしてサイズ展開とお値段です。

W1500×D800×H720 ¥56,000(税込)

W1650×D900×H720 ¥63,000(税込)

 

さて、チェアのほうはお客様の自由に組み合わせていただいていいのですが、

一応、推奨商品をご用意しています。

 

実は個人的にこのチェアがすごく好きで、

小振りですが、ゆったりした姿勢で座れるんですよね~

しかもお安い!

W480×D620×H910(SH440) ¥13,000(税込)

 

 

硬い表情のテーブル天板と、

柔らかい雰囲気の布張りのチェアの対比が、

お互いの特長を引き立てあっている感じでいいですよね。

 

ぜひ掛け心地を試しに、

「見るだけ大歓迎!」ですので、ご来店をお待ちしております(^^)/