ポイントはマージン(余白)です

いま、フロート型の家具が注目度、存在感を増しつつあります。

 

フロート型家具とは、従来の家具のように床に設置するのではなく、

壁面に取り付けることによって、床から浮いている状態で使用する家具です。

 

そこで、キッチンボードや壁面収納で優れたデザイン性と高いコストパフォーマンスを発揮する

国産家具メーカー「パモウナ」から、

今回「MARGIN CABINET」のテレビボードのシリーズを展示、スタートしました!

 

このスッキリ感、かっこいいですよね♪

 

MARGIN CABINETはテレビボードの他、

キッチンボードやデスクなど、様々なシーンに対応したアイテム、カラーを豊富にご用意しています。

いかがでしょうか?

今までの家具のイメージがガラっと変わりますよね♪

 

アイテムについては膨大なのでメーカーWEBサイトが詳しいです。

こちらをご覧くださいね。

 

さて、ここはメーカーのHPではなくて、

皆様の味方、消費者目線の小川家具のHPです。

 

実店舗を持たない売ったもん勝ちのどこぞのネットショップとは違いますので

(スミマセン。やや言葉が乱れました(^^;)

「MARGIN CABINET」のデメリットを含めた視点から特長をまとめておきます。

 

■メリット

シンプルでスタイリッシュ

とにかくシュッとしてかっこいい、ワクワクするような佇まい

壁を活かせる

アクセントクロスなど壁のデザインを活かしながら家具が使える

圧迫感がない

床は壁際まできっちり視線に入るのでお部屋を広々と見せることができる

いつもきれいに使える

お掃除ロボットの使用時など床面のお掃除、メンテナンスが簡単

 

■デメリット

・壁面の補強が必要

壁の下地が12mm厚以上の合板またはコンパネでないと取り付けできません

・置き家具に比較して耐荷重が小さい

同メーカーの脚付きタイプと耐荷重を比較してみます

▲脚付きタイプ

天板耐荷重:約60kg

引出し耐荷重:約20kg

▲フロートタイプ

天板耐荷重:約50kg

引出し耐荷重:約10kg

・配置換えが難しい

一旦取付施工すると壁に取付穴があいてしまいます

「ちょっとずらす」というのも困難です

 

というところでしょうかね。

 

ご新築やリフォーム時に設計の段階からこのフロート型家具、

ご検討いただけると良いのかなあと思います。

 

ぜひ見に来てください♪

お待ちしておりますm(__)m