PRODUCT INTRODUCTION商品紹介

NEW ITEM新入荷品情報

環境が変わってもいつもピッタリ!

家具の分類の仕方はいろいろありますが、

その一つに「人体系家具」と「非人体系家具」という分け方があります。

 

人体系家具は人が長い時間触れていたり、

あるいは体重による荷重がかかる家具のことでその代表は例えば椅子です。

 

家具にかかる負担が大きくなるので、

頑丈に作ることがいいのですが、非人体系家具に比較してどうしても寿命が短いです。

 

対して非人体系家具はその逆で、

人が触れている時間が短く、移動も少なく、荷重がかかっても静荷重のものを指します。

代表はたんすとか、テレビボードなんかもそうですね。

人体系家具に比較して、家具にかかる負担が少ないので一般に寿命が長いです。

 

ご新築して、一定以上の品質のテレビボードをご購入されると、

そのお家が古くなって「建て替えようか?」という話が出るまで、

ずっとそのテレビボードが使えるという…

 

つまりお家の寿命=テレビボードの寿命みたいな。

 

長いですよね。

 

「使える」という意味では家具自体に変化はないのですが、

一方で人間とその環境のほうはその間、いろいろ変化していきます。

 

歳を経たり、家族が増えたり、模様替えをしたり、

場合によっては引越しをしなくてはならなくなったり。

 

そんな時にサイズの可変性のある家具はとっても便利です。

 

そこで!伸長ボードを利用して幅を変えることができる新商品のテレビボードが入荷しました!

テレビボード本体にオプションのL型伸長ボードをセットすることで、全幅を自由に設定することが可能です。

 

テレビボード本体 (オーク材)

W1615 D410 H365 ¥49,800(税込)

 

伸長ボード (ウォールナット材)

W1800 D460 H405 ¥28,000(税込)

 

 

 

本体と伸長ボードはそれぞれ2色(2材種)対応ですので、

どのような色合いで組み合わせるかはお客様次第です。

 

また本体、伸長ボードともにサイズ違いがございます。

テレビボード本体 W1350 ¥39,800(税込)

伸長ボード W1500 ¥23,000(税込)

 

 

 

ここまで来てお気づきになったお客様もいらっしゃると思いますが、

本体の幅よりも伸長ボードの幅のほうが少し大きくなっています。

 

私も最初?と思いましたが、

伸長ボードを完全に本体に密着させて、最小寸法でセットした場合の写真をご覧ください。

△本体W1350に伸長ボードW1500をセット

△本体W1615に伸長ボードW1800をセット

 

いかがでしょうか?

なかなか良くないですか?

 

伸長ボードに裏表はありませんので、

どちらの方向にも伸ばしていくことが可能です。

 

そしてW1615の本体にW1800の伸長ボードの組み合わせた時の最大幅は3000mmになります。

つまり最小でも415mmの重ね幅をとっていただきたいです。

この時に伸長ボードの静耐荷重は45kgになります。

 

同じようにW1350本体とW1500伸長ボードの組み合わせの場合の最大幅は2435mmになります。

 

 

出産、模様替え、引越し・・・タイミングによって環境が変わるのは当たり前。

そんな時にスマートに対応できるかっこいいテレビボードです。

 

いろいろ書きましたが、伸長ボードなし、本体だけでもお使いいただけるテレビボードです。

本体そのもののデザインも優れているし、また何といってもお安いと思います。

ぜひご検討くださいませm(__)m

 

日本人好みのマットレスです!

今日は日本人好みのやや硬め、しっかり感を得ながら、

同時にフィット感もスポイルしていない新商品のマットレスを展示しましたのでご紹介します。

画像(左) マットレス Gran Revo Royal セミダブルサイズ ¥119,800(税込)

画像(右) マットレス Gran Revo Noble シングルサイズ ¥79,800(税込)

 

画像だけ見るとストロークがあって、ふっかふかな雰囲気を醸し出していますが、

実際 横になってみると、どちらかというとしっかり感が強く、反発力の強い寝心地になっています。

 

 

 

コアになるコイルユニットは体重を長期にわたってしっかりと受け止める高い圧縮率(40%)、

横揺れ防止と同時に豊かなストロークとのバランスをとった7.1インチ、7.5巻きのポケットコイル。

 

表層に近いクッション部分は高い吸放出性能のあるウレタン サラブライトと、

高反発ウレタンにいずれも通気性を確保したプロファイル加工を施して内蔵。

 

表面生地は複雑な寝姿勢を攣れ感なく、しなやかな感触で受け止めてくれるジャンプキルトを採用しています。

 

またマットレスの端に座るなど、局部的に強い荷重のかかりがちな外周エッジ部分は、

高硬度エッジブロックフォームで補強しており、マットレス全体の安定感、横揺れ対策を施しています。

 

以上は2種類のマットレスに共通の部分で、

Gran Revo Royal についてのみ、ポケットコイル直上に厚さ35mmの網状構造体「3D コア」を内蔵して、

Gran Revo Noble に比較してやや硬めの寝心地に設定しています。

 

分かりやすい断面図をご覧ください。

 

▽Gran Revo Royal

 

▽Gran Revo Noble

 

また、どちらのマットレスもシングルからクィーンサイズまで5サイズをご用意しています。

 

コストパフォーマンスでは非常に優れたマットレスと言えますので、

あとはお客様お一人お一人の体感としてご自分に合っているかどうか、

是非一度お試しいただきたい一品です。

 

 

ついでですが、展示のベッドフレームもお値頃感 抜群です!

シングルサイズで ¥30,000(税込)~ クィーンサイズ ¥50,000(税込)まで5サイズ対応。

 

ベッドフレームの人気色、展示中のライトグレー、ダークグレーのほかに、

どんなお部屋にもマッチしやすいブラウン色もご用意しています。

 

▽ブラウン色(マットレスは今回ご紹介している商品ではございません)

 

お色のほかに、こちらのフレームは脚を取り外すことによってロータイプでもご使用になれます。

 

Gran Revo Royal、Gran Revo Nobleのような厚手のマットレスを載せる時や、

小さなお子様がご使用なるときにマットレスから落ちてしまうことが予想される時など、

低くセットしてご使用いただくと良いと思います。

 

お子様が小さいうちは低くして一緒にお休みになり、

独り立ちしたら脚を取り付けて高い状態で使用するなど、

時系列によって使い方を変えることができるのもいいところですね。

 

もちろんマットレスのみ、フレームのみのご注文も大丈夫ですので、

ご検討、よろしくお願いいたしますm(__)m

洗練されたデザインのお仏壇

お仏壇のご要望については、

これまでカタログで対応させていただいてきましたが、

お問い合わせが年々増えてきましたので、

実際にご覧になってお選びいただけるよう今回、改めて売り場を完成しました!

 

 

お仏壇もインテリアの一部と捉え、

思い出深い大切なご家族といつも一緒にリビングでお過ごしいただけるような、

洗練されたデザインと丁寧な造りこみの逸品を厳選しております!

 

 

こんな感じでテレビボードやサイドボード、チェストなどとコーディネートしていただくといかがでしょうか?

 

 

思い出の中で、あなたは生きつづける。

 

旅立ったあの人を、もっと近くに。

命のつながりを、もっと尊く。

供養や祈りを、もっと暮らしの中へ。

 

 

小川家具のお仏壇。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

隠す収納から、魅せる収納へ。

食器棚のトレンドが今までと少し変わってきている感じがします。

 

隠す収納から、魅せる収納へ。

 

食器棚専門メーカー綾野製作所から「KEY NOTE」展示しました!

 

展示のサイズは W1600 D485 H2020 ¥312,120(税込)です。

この抜け感!いかがでしょうか?

 

背の高い食器棚ではなくて、腰から下のカウンターをお探しのお客様にも

圧迫感がないのでお奨めです。

 

全体の構造としては いわゆるユニットタイプで、

たくさんのアイテムの中から、サイズ、使い勝手に合わせてチョイスして

オリジナルのボードを作っていきます。

 

アイテムについては数が多く複雑になっていますので、

スタッフまでお問合せくださいませ。

 

「こんなサイズ」「こんな使い勝手がいい」という感じでお伝えいただければ、

ご提案することも可能です。

 

予習としてメーカーサイトをご案内しておきますね。

https://www.ayano-craft.co.jp/keynote/

 

 

さて、前板のカラーはスタンダードな価格のオレフィンシートまたはハイグロスシートを使用した10色と、

 

メラミン材を使用した60色、

 

の計70色からお選びいただけます。

 

 

またこの商品の特徴である大きな面積を占める上台の背板のカラーも6色から選べます。

 

キッチンに立つのが楽しくなるご自分だけの1台を選んでみませんか?

 

 

令和元年7月30日までに、上キャビネットを含む「KEY NOTE」をご成約で、

「ホームページを見ました」とお伝えいただいたお客様に、

背板レールに取り付けられる「KEY NOTE」専用スパイスラックをプレゼントいたします!

 

ご一考、よろしくお願いいたしますm(__)m

 

左右非対称デザインTVボード

新商品のテレビボードが入荷しました!

ちょっと画がゴチャついていますが、ご紹介したいのは奥に写っているテレビボードです。

 

 

WEN色

NR色

 

天板:オーク材突板

前板:オーク材無垢(通し杢)

サイズ / 価格

W150 D42 H40 / ¥79,800(税込)

W180 D42 H40 / ¥89,800(税込)

 

展示はW150cmのNR色です。

全体として飽きの来ないシンプルなデザインですが、

何点か特徴的なところもあります。

①本体に比較して肉厚でどっしりと構えた下駄脚(強度補強の横桟もあります)

 

②正面から天板の厚みを見せないシャープな表情(脚部とは対照的です)

③左右非対称デザイン

 

④デッキ収納部のフラップ扉枠は正面を一段下げて、細いフレームに見せるデザインと同時に強度も補完しています。

 

⑤引出し部分前板にも節ありのオーク無垢材を使用。

左右の引出し前板は一枚の板から木取りしますので、通し杢となって

モダンなデザインの中に野趣あふれる雰囲気も醸し出しています。

 

 

 

最近やや少なくなっていて、探されているお客様には重宝しそうなウェンジ色もお奨めです。

▲画像はw180cm

 

いかがでしょうか?

オリンピックに向けて、テレビのお買い替えを予定されているお客様も、

このチャンスにテレビボードごと取り替えて、リビングの雰囲気を一新してみては?

 

人気のカウチ、迷ったらコレ!

長かったGWも終わり、令和時代もいよいよ本格的に動いてきた感じです。

平成に続いて、一人一人が心豊かに夢に向かって進んでいける時代になるといいなと思います。

 

さて今日はGW SALE中に爆発的に人気のあったお手頃価格のカウチソファをご紹介します。

カウチソファ

幅218cm 奥行85cm/149cm 高さ82cm 座面高38cm

¥108,000(税込)(レザーテックス アニリンの場合)

 

ヘッドレストとサポートクッションは別売りになります。

ヘッドレスト ¥5,000(税込)

サポートクッション ¥5,000(税込)

 

やや低めの背もたれで、リビングとダイニングを仕切るように配置しても圧迫感がありません。

 

張地はその性能と肌触りで定評のあるレザーテックスを使用しています。

 


LEATHERTEX(レザーテックス)とは、ナチュラルレザーのような肌触りと風合いのある、革でも布でもない新素材です。

レザーテックスは、まるで北イタリアサンタクローチェの最高級アニリンレザーのような雰囲気を持つアニリンタイプと

エレガントで独特の肌触りを演出するヌバックタイプがあります。

更に、レザーでは実現できない様々な耐久性能を持ち合わせています。(メーカーHPより抜粋)


 

座面は置きクッションになっていますので、置き方を変えますと、スツールを独立させて使用することもできます。

人数が増えた時など便利ですね。

 

このような3人掛けのソファの場合、肘掛のある左右どちらかのシートが酷使される一方で、

真ん中のシートの使用頻度が少なくなる傾向があって、ヘタリという意味で格差が生じやすいですが、

シートは位置をローテーションしながらお使いいただけますので、その意味でも長持ちします。

 

後ろからご覧いただくと分かりやすいですが、

本体は1:2に分割されていますので、

模様替えやお引越しなどの移動も楽に行えます。

そして2分割の本体がずれないように、ジョイントパーツも付いています。

このパーツは、あると本当に良いと思いますが、通常あまり見かけない装備ですね。

 

比較的平ら感が強く、しっかり固めのソファに仕上がっています。

カウチで悩んだら是非一度お試しいただきたいソファでもあります。

よろしくお願いいたしますm(__)m

 

夏休みの宿題にいかが?

家具を製作すると、端材がたくさん出ます。

この端材を工作しやすいようなサイズに加工、

素材を選定してパックにしました!

アイデア次第で色々作れますよ。

 

まず、大きく分けて内容の異なる2種類のパックがございます。

 

スティックパックは主に棒状に加工した部材です。

 

プレートパックは板状に加工した部材が入っています。

 

そしてそれぞれに、

ウォールナット材のみでパックにした「ウォールナット」と、

ブラックチェリー、ハードメープル、ホワイトオーク、レッドオーク、ビーチ、アルダー等の材料を混ぜてパックした「ナチュラルミックス」がございます。

 

つまり全部で4種類ですね。

 

 

で、一応「こんなものを作ってみたらいかがでしょう?」ということで、

製作例を挙げた説明書が付属しています。

 

 

 

試しに「スティックパック」「ナチュラルミックス」を開封してみました。

説明書にも記載がありますが、

部材は研磨も塗装もしていませんので、

角が立っていたり、バリが出ていたりしますので、

取扱いにはご注意くださいね。

 

それにしても自然の風合いはいいですね~

木にはこんなに優しい雰囲気と様々な色合い、様々な手触りがあるんだなあと改めて感心します。

 

言わずと知れた銘木中の銘木「ブラックチェリー」

きめが細かく滑らかで美しい表情の「ハードメープル」

男性的ではっきりとした木目が特徴「ホワイトオーク」

ホワイトオークにさらに”コク”を追加した雰囲気の「レッドオーク」

椅子にはもってこいの軽くて粘り強い材「ビーチ」

優しい雰囲気が最近特に女性に人気の「アルダー」

 

主な材料、6種類のアップです。

 

 

 

素敵な化粧箱に入っていますので、プレゼントにも良いのではないでしょうか?

 

 

ちょっと気が早いですが、夏休みの宿題にも使えるかも?!

 

「品質」というのは、例えばこんなことをいいます。

今日は椅子、テーブルの生産では世界にも類を見ないほど高い技術力を誇る飛騨高山の地で生産された

新商品のダイニングセットをご紹介します。

 

展示してまだ1か月ですが、注目度、実績ともに非常に高いレベルで推移していて、

そういう意味で「異常」と言ってもいいくらい特別なアイテムになっていきそうです。

まずは主なスペックからご案内します。

 

材種:レッドオーク無垢

テーブルサイズ:幅130cm~200cmまで10cm刻み 奥行き80cm~100cmまで5cm刻みで対応

テーブルエッヂ形状:スクエア・ラウンド・テーパー 3タイプ

        

テーブル高さ:71cm

テーブル脚:2本脚・4本脚の2タイプ

カラー:ホワイトウォッシュ・クリア・ミッドブラウン・ダークブラウン 4色対応 ポリウレタン塗装

チェア張地:布27色 レザー5色 対応

ここまででも すでにかなりバリエーションが多いですが、

さらにチェアを7アイテムご用意しています。

ガリアアーム

ガリア

ワトー

レイ

オゼル

タイレル

セブルバ

このうち展示はガリアアーム、ガリア、レイ、セブルバの4アイテムになりますが、

圧倒的人気はやはり飛騨らしいウィンザー形状のガリアです。

 

個人的には一見すっきりしたデザインですが、座ると背中に吸い付くような複雑なもたれ形状をもったレイもいいと思います。

 

価格帯は、テーブルが100,000円~130,000円(サイズによって)、

チェアは40,000円~50,000円(張地やデザインによって)、

飛騨産のものとしては、かなり頑張ったプライスになっていますので、

是非ご検討商品の一つに加えていただきたいと思います。

価格以上の価値感、満足感が得られるアイテムです!

 

さて、こだわりの部分はたくさんあって、

文章では表現しきれないほどなので、

ここでは取り敢えず1点だけ、

量販店やインターネットショップではこのレベルに達しているアイテムは少なく、

したがって説明さえほとんどない、

専門店ならでは、というところをご案内してみたいと思います。

 

それはチェアの「木取り」についてです。

 

下の二つの写真をご覧ください。

 

左が今回ご紹介している飛騨高山産のチェア「ガリア」(Aランクの張地で税込¥46,200)です。

右はこちらも当店のヒット商品となっているウォールナット材の輸入品チェア「フィガロ」(税込¥12,000)です。

価格でいうと「ガリア」は「フィガロ」の約4倍です。

 

さて、「木取り」とは木材をチェアに加工するときに、

その木材の どの部分を、チェアの どの部分に使用するかを決めることです。

(ここでは狭義の「木取り」について説明しています)

 

背もたれの右端の縦の部材に注目して、もう一度上の写真をご覧ください。

 

「ガリア」のそれは前脚へと、「フィガロ」のそれは後脚へと連続する、

いずれも荷重を支える重要な部材になります。

拡大してみますね。

 

違いがお分かりいただけるでしょうか?

 

左「ガリア」は木目が縦(いわゆる柾目)にきれいに走っています。

右「フィガロ」の木目は横方向(いわゆる板目)だったり円を描くよう乱れています。

 

椅子を正面から見て、脚の部材にどのような木目の木を使うか=木取りをするか?

というのは実は椅子の強度と非常に深く関係しています。

この場合、柾目で取ってやったほうがずっと強い椅子が出来るのです。

 

偶然的にそこにある部材を、

偶然的な製作工程上にあった椅子の、

偶然的な工程上にあった部材に、

偶然的に使う、

のではない。

 

この椅子は、

こちらの向きに強い力がかかるので、

その荷重に耐える脚にするために、

この木材を、

このように木取りして、

こちらの向きで使う。

 

これが家具の「品質」なのですね。

 

ちょっと技術論が長くなってしまいましたが、

実際に座って確かめていただきたい、

飛騨高山産のダイニングセットのご紹介でした。

 

最後にきれいな写真でもう一度ご紹介しておきます。

ご来店をお待ちしておりますm(__)m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新しいコンセプトのLDのご提案

本日はちょっと変わったソファが入荷しましたのでご紹介します。

まずは写真をご覧ください。

今までたくさんのソファを取り扱ってきましたが、

全く新しいコンセプトをもったアイテムです。

商品名は「PORTER」です。

 

どこからご説明して良いか…迷いますけど、冷静に順番にご説明しますね。

 

まず、ソファの本体の寸法が W160 D85 H63 SH34 です。

次に短めのスツールがあります。 W85(ソファのDと同じ) D35 H=SH44

そして長めのスツール(写真のソファ本体の後ろ側にちょっと見えています)が W160(ソファのWと同じ) D35 H=SH44 です。

 

3つのアイテムで1つの商品となっています。

価格は全部で¥148,000(税込)です。

 

3つのアイテムのレイアウトを変えることで、

ダイニングテーブルと絡ませながら、

様々な間取りに対応できるコンパクトなリビングダイニングのスタイルを作ろう、という訳です。

 

別の角度からの写真もご覧ください。

長めのスツールはダイニングテーブルに対するベンチの役割にもなっています。

 

短いスツール(ソファの横に配置した場合は肘掛けの役割でした)をちょっと移動して、

こちらもテーブルに対するベンチとして使用できます。

 

ダイニングとソファの役割を一つの家具で集約させて、

お部屋をすっきりと広く使おうとするリビングダイニングセットが脚光を浴びていますが、

こちらの商品は、そのコンセプトを本来の正しい高さである70cmのダイニングテーブルを活用しながら実現しています。

 

上の写真は「I型レイアウト」と呼んでいます。

ダイニングテーブルとソファとの配置の仕方によっては「L型レイアウト」も可能です。

 

では、間取りとテレビボードとの位置関係を例に、I型とL型の配置を分かりやすいPOPでご覧ください。

いかがでしょうか?

POPの中の必要寸法を参考に、配置を考えてみてくださいね。

 

さてこのソファ、お色のが

ブルー×グレー

アイボリー×グレー

の2色をご用意しています。

 

そしてクッション部分はもちろん、本体からそっくり外してドライクリーニングできるフルカバーリング仕様にしています。

クッション内部にはヘタリにくくて、通気性も抜群の高反発素材「ライトウェーブ」も使用していますよ。

ライトウェーブは以前にもご紹介した「ごろ寝ソファ」で、

お客様から大変良い評価を得ながら実績を積み重ねている自信のクッション材です。

 

▼ごろ寝ソファ

 

いかがでしょうか?

フレキシブルに対応できる新しいリビングダイニングのご提案。

間もなく平成も幕を閉じようとしていますが、

新しい時代に向けて新しいLD、考えてみませんか?

 

 

 

フレンチカントリーデザインのリーズナブルな食器棚

今日はキッチンに立つことの多い女性(なんて言うと炎上しそう^^;)の意見を多く取り入れて、

設計されたキッチンボードが入荷しましたのでご紹介します。

 

まずは写真をご覧ください。

左 オープンボード  W104 D45 H175 税込¥64,800

右 ダイニングボード W69 D45 H175 税込¥44,800

表面材には強化紙を使用した、比較的リーズナブルな価格帯の商品です。

 

さて、女性の意見を強く反映した点は主に次の6点です。

 

①マグネットがくっつく扉

忘れないように冷蔵庫によく貼ってあるメモやレシピ。

確かに目につくところなので貼りたい気持ちは分かりますが、見た目がイマイチ。

そこでキッチンボードの向かって右側の板扉に、マグネットで貼れる場所をご用意しました。

②かわいい背板と底板のデザイン

ブルーのペンキでDIY風に塗ったような雰囲気の木質感のあるシートを、

カウンター部分背板と引出しの底板に使用。

目立たなく、さりげないところですが、女性ならではの感性を大切にしています。

③女性が使いやすい高さ

全高を175cmとやや低めに設定。収納部分の最上部でもラクラク手が届きます。

またカウンター部分はシステムキッチンで使い慣れている高さの85cmに。

④使いやすく便利な引出し

引出しについているレールは、

スムースで奥のほうまでしっかりと使いやすいフルスライドレールを使用。

カウンター直下のよく使う引出しは2段 設けています。

⑤MOISS仕様

家電を置くためのオープン部分天井には、調湿機能のあるMOISSをセット。

湯気などの湿気を吸放出し、カビの発生を抑制します。

MOISSは下段のオープン部分にもついています。

⑥キッチン家電をもっと使いやすく

主に炊飯器を置くための下段オープン部分のカウンターにも

しっかりと大きく引き出せるフルスライドレールを使用しています。

 

そしてこちらのシリーズにはキッチンカウンターもご用意しています。

左 キッチンカウンター W104 D45 H85 税込¥35,800

 

 

ということで、今日は何となく春を感じさせる日差しになっている北本ですが、

皆さまのところはいかがでしょうか?

キッチン周り、リフレッシュをお考えになってみては?