PRODUCT INTRODUCTION商品紹介

NEW ITEM新入荷品情報

環境が変わってもいつもピッタリ!

家具の分類の仕方はいろいろありますが、

その一つに「人体系家具」と「非人体系家具」という分け方があります。

 

人体系家具は人が長い時間触れていたり、

あるいは体重による荷重がかかる家具のことでその代表は例えば椅子です。

 

家具にかかる負担が大きくなるので、

頑丈に作ることがいいのですが、非人体系家具に比較してどうしても寿命が短いです。

 

対して非人体系家具はその逆で、

人が触れている時間が短く、移動も少なく、荷重がかかっても静荷重のものを指します。

代表はたんすとか、テレビボードなんかもそうですね。

人体系家具に比較して、家具にかかる負担が少ないので一般に寿命が長いです。

 

ご新築して、一定以上の品質のテレビボードをご購入されると、

そのお家が古くなって「建て替えようか?」という話が出るまで、

ずっとそのテレビボードが使えるという…

 

つまりお家の寿命=テレビボードの寿命みたいな。

 

長いですよね。

 

「使える」という意味では家具自体に変化はないのですが、

一方で人間とその環境のほうはその間、いろいろ変化していきます。

 

歳を経たり、家族が増えたり、模様替えをしたり、

場合によっては引越しをしなくてはならなくなったり。

 

そんな時にサイズの可変性のある家具はとっても便利です。

 

そこで!伸長ボードを利用して幅を変えることができる新商品のテレビボードが入荷しました!

テレビボード本体にオプションのL型伸長ボードをセットすることで、全幅を自由に設定することが可能です。

 

テレビボード本体 (オーク材)

W1615 D410 H365 ¥49,800(税込)

 

伸長ボード (ウォールナット材)

W1800 D460 H405 ¥28,000(税込)

 

 

 

本体と伸長ボードはそれぞれ2色(2材種)対応ですので、

どのような色合いで組み合わせるかはお客様次第です。

 

また本体、伸長ボードともにサイズ違いがございます。

テレビボード本体 W1350 ¥39,800(税込)

伸長ボード W1500 ¥23,000(税込)

 

 

 

ここまで来てお気づきになったお客様もいらっしゃると思いますが、

本体の幅よりも伸長ボードの幅のほうが少し大きくなっています。

 

私も最初?と思いましたが、

伸長ボードを完全に本体に密着させて、最小寸法でセットした場合の写真をご覧ください。

△本体W1350に伸長ボードW1500をセット

△本体W1615に伸長ボードW1800をセット

 

いかがでしょうか?

なかなか良くないですか?

 

伸長ボードに裏表はありませんので、

どちらの方向にも伸ばしていくことが可能です。

 

そしてW1615の本体にW1800の伸長ボードの組み合わせた時の最大幅は3000mmになります。

つまり最小でも415mmの重ね幅をとっていただきたいです。

この時に伸長ボードの静耐荷重は45kgになります。

 

同じようにW1350本体とW1500伸長ボードの組み合わせの場合の最大幅は2435mmになります。

 

 

出産、模様替え、引越し・・・タイミングによって環境が変わるのは当たり前。

そんな時にスマートに対応できるかっこいいテレビボードです。

 

いろいろ書きましたが、伸長ボードなし、本体だけでもお使いいただけるテレビボードです。

本体そのもののデザインも優れているし、また何といってもお安いと思います。

ぜひご検討くださいませm(__)m

 

左右非対称デザインTVボード

新商品のテレビボードが入荷しました!

ちょっと画がゴチャついていますが、ご紹介したいのは奥に写っているテレビボードです。

 

 

WEN色

NR色

 

天板:オーク材突板

前板:オーク材無垢(通し杢)

サイズ / 価格

W150 D42 H40 / ¥79,800(税込)

W180 D42 H40 / ¥89,800(税込)

 

展示はW150cmのNR色です。

全体として飽きの来ないシンプルなデザインですが、

何点か特徴的なところもあります。

①本体に比較して肉厚でどっしりと構えた下駄脚(強度補強の横桟もあります)

 

②正面から天板の厚みを見せないシャープな表情(脚部とは対照的です)

③左右非対称デザイン

 

④デッキ収納部のフラップ扉枠は正面を一段下げて、細いフレームに見せるデザインと同時に強度も補完しています。

 

⑤引出し部分前板にも節ありのオーク無垢材を使用。

左右の引出し前板は一枚の板から木取りしますので、通し杢となって

モダンなデザインの中に野趣あふれる雰囲気も醸し出しています。

 

 

 

最近やや少なくなっていて、探されているお客様には重宝しそうなウェンジ色もお奨めです。

▲画像はw180cm

 

いかがでしょうか?

オリンピックに向けて、テレビのお買い替えを予定されているお客様も、

このチャンスにテレビボードごと取り替えて、リビングの雰囲気を一新してみては?

 

使い方、無限大!

日本初上陸!

お好きなパーツ組み合わせで、無限に広がる使い方。

女性でも簡単にスタイルチェンジ。

工具なしで組み立て可能。

最大100kg。驚きの耐久性で使い方はさらに広がっていく。

 

展示しました!

 

 

展示はデスクとシェルフの組合せの「OFFICE STYLE」。

W155 D125 H182 で総額¥59,400(税込)です。

 

「ezbo」(イジボ)はとにかくあらゆる可能性を秘めている家具でアイテムも非常に多いので、

下の動画をご覧いただくとイメージがつかみやすいと思います。

 

 

いかがでしょうか?

おうちのどこかで、必ずお役に立てる商品だと思います。

 

ご検討をよろしくお願いいたします(^^)/

 

スタイリッシュなテレビボード

今日は新商品として入荷しましたハイグレードテレビボードをご紹介します。

天然木を中心に品揃えしている当店ですが、こここちらの商品は異色と言っていいと思います。

 

一番の特徴が色です。

上の写真がプロパーでイメージカラーにもなっている「サンドブルー」です。

 

その他、サンドブルーと同じような輝きを持った「パールホワイト」、

セラミック調の「アイアングレイ」と「ムーンシルバー」、

そして木目の「ブラックウォールナット」がお選びいただけます。

 

以上の5色は素材がラッピングシートになりまして、これとは別にUV塗装を施した「ガンメタリック」も選択可能です。

どの色もカッコいいですよね!

 

そしてもう一つの特徴が吊テレビが可能ということです。

お店では吊テレビ用のバックボードを取り付けて展示しています。

吊テレビ用のバックボードには上の写真のようにLEDのアッパーライトが取り付けてあり、

バックの壁面を明るく照らすことにより、

①エコカラットや個性的なクロスなどの壁面のデザインを生かせる

②長時間のテレビ視聴でも目疲れにくい

という利点があります。

 

吊テレビ用の金具には一部のテレビは取付きませんので、ご購入の際はテレビの型番を確認させていただきます。

 

テレビボードは 幅140cm 160cm 180cm 200cm の4サイズを展開。

シリーズアイテムとして板扉、ガラス扉のサイドボードもご用意できますので、スタッフまでお問合せください。

 

特に大型テレビとの相性は抜群だと思いますので、ご検討をよろしくお願いいたします。